ゲームネタ備忘録

ここではゲーム情報を扱う記事に特化しています。日常・報告などはアメブロで。

【#FEヒーローズ】伝承英雄「眩き光竜の神子 カムイ」

[眩き光竜の神子 カムイ](伝承英雄)

出典:if

CV:島﨑信長

祝福:火/速さ

兵種:緑竜/歩行

武器:白の血族のブレス(専用)

奥義が発動しやすい 敵から攻撃されたとき、距離に関係なく反撃する

ターン開始時、自身のHPが25%以上の時、奥義カウントが最大値なら、奥義カウント-1

戦闘開始時、自身のHPが25%以上の時、戦闘中、全能力値が、周囲3マスの味方の数×3+5だけ増加(最大14)、最初に受けた攻撃と2回攻撃のダメージ-7、かつ、敵が攻撃時発動の奥義装備時、戦闘中、魔防が敵より5以上高ければ、敵の最初の攻撃前に、敵の奥義カウント+1

戦闘開始時、自身のHPが25%以上の時、戦闘後、奥義カウントが最大値なら、奥義カウント-1

奥義:竜穿射(2)

魔防の40%を奥義ダメージに加算

魔防が敵より高い時、受けた範囲奥義のダメージと、戦闘中に攻撃を受けた時のダメージを魔防の差×(4-現在の奥義発動カウント)%軽減(最大(40-現在の奥義発動カウント×10)%)

奥義発動可能状態の時、または戦闘中、奥義を発動済みの時、奥義以外のスキルによる敵の「ダメージを○%軽減」を半分無効

奥義を発動した戦闘後、敵のマスとその周囲2マスのマスに【天脈・水】を付与

【天脈・水】

付与されたマスに入る者は以下の効果を受ける

射程2の敵は、移動しづらくなる(移動する際、移動をさらに+1消費する。敵の移動タイプの基本移動力を超えて消費しない。「自分が移動可能な地形を平地のように移動可能」の効果はこの影響を受けない)

敵は戦闘中、速さ-5、奥義以外のスキルによる「ダメージを○%軽減」を半分無効

A:速さ魔防の秘奥4

B:竜鱗障壁・対転移

魔防の差を比較するスキルの比較判定時、自身の魔防+5として判定

戦闘中、敵の速さ/魔防-4、魔防が敵より高い時、受けた範囲奥義のダメージと、戦闘中に攻撃を受けた時のダメージを魔防の差×4%軽減(最大40%)

射程2の敵は、自分の周囲4マス以内へのスキル効果によるワープ移動不可

C:攻撃魔防の謀策3

 

竜穿(ほえ)ろ、選択の紋章士…ということで白夜の手を取った竜の血族・カムイが登場。

武器は遠反つきで、始まりの鼓動、竜眼内蔵。専用奥義は奥義発動時に敵の周囲に天脈・水をまきます。水は炎同様、間接が移動しにくくなります。あとはBで間接の敵のワープも防ぐので、間接を安易に攻めてこさせない、というコンセプトかな。速さ魔防型っぽいですが、謀策も持っています。Aは秘奥ですが竜眼(カウント巻き戻しは重複)もありかなぁ。

 

[抱き合わせ]

赤:クワシル(闇)/マルス(紋章士)/アイク(紋章士)

青:ファ(地)/シェズ(火)/ルミエル(理)

緑:リュール(火)/ルキナ(魔器)/カムイ(火)

無:アスク(光)/グルヴェイグ(理)/オルテンシア(魔器)

今回のPUは全員限定ですね。初の再録が3人おり、紋章士2人。緑はカムイの他に魔器が狙えます。

【#FEヒーローズ】超英雄「未来の花嫁たち」(花嫁花婿祭り)

毎年恒例の花嫁花婿祭り。己の現実と向き合い、理想を願う者達の思いとは。

 

[心閉ざす花嫁 エンブラ]

出典:ヒーローズ

CV:丹下桜

兵種:無獣/飛行

ステ:40-45-47-35-22(189)

武器:閉ざす花嫁のブーケ(専用)

奥義が発動しやすい 【再移動(残り+1)】を発動可能 【化身・飛行】効果

ターン開始時、自身のHPが25%以上なら、自分と後述の対象それぞれについて奥義カウントが「最大値」なら、奥義カウント-2、「最大値-1」なら、奥義カウント-1(対象は、自軍内に支援を結んでいる相手がいる時は周囲2マスにいる支援相手、自軍内に支援を結んでいる相手がいない時は、周囲2マスにいる最も速さが高い味方)

戦闘開始時、自身のHPが25%以上なら、戦闘中、全能力値が自分を中心とした縦3列と横3列にいる敵の数×3+5だけ増加(最大14)、与えるダメージ+速さの20%(範囲奥義を除く)、受けるダメージ-速さの20%(範囲奥義を除く)

奥義:竜穿(4)

A:攻撃速さの野性4

B:絶対化身・強襲4

化身状態になる条件を無条件にする

戦闘中、敵の速さ/守備-4、かつ敵の奥義以外のスキルによる「ダメージを○○%軽減」を半分無効(範囲奥義を除く)

C:すべてを鎖す世界(専用)

ターン開始時、自身を中心とした縦3列と横3列にいる敵に【護られ不可】【暗闘】を付与

ターン開始時、自身を中心とした縦3列と横3列に敵がいる時、自分の【不利な状態異常】を解除、自分に【回避】を付与(同ターン開始時に受けた不利な状態異常は解除されない)

化身状態なら、戦闘中、全能力値+4、敵の絶対追撃を無効、かつ、自分の追撃不可を無効

 

人を恨む闇の神の思いとはいかに。

前に神階で登場したときから正当に進化した感じですかね。護られ不可・暗闘で相手の連携を絶つ戦法はそのままに、自分と相互に奥義を加速する武器効果に。攻撃速さの野性が再録され、絶対化身に新バリエーション、奥義以外での軽減を一部無効ですね。

 

[屈強な花嫁 ラピス]

出典:エンゲージ

CV:高柳知葉

兵種:剣/騎馬

武器:野花の花嫁の大剣(専用)

奥義が発動しやすい 【再移動(残り+1)】を発動可能

現在のターン中に自分が戦闘を行っている時、周囲5マスの味方は、自身の周囲2マスに移動可能

自分から攻撃した時、または、周囲2マスに味方がいる時、戦闘中、全能力値+5、さらに全能力値が戦闘開始時の速さの15%だけ増加、ダメージ+速さの20%(範囲奥義を除く)、最初に受けた攻撃と2回攻撃のダメージを○%軽減(○は、各ターンについて自分から攻撃した最初の戦闘と敵から攻撃された最初の戦闘の時は80、そうでない時は40)

自分から攻撃した時、戦闘後、敵に【戦果移譲】を付与(敵の次回行動終了時まで)、かつ、敵とその周囲2マスの敵に10ダメージ

【戦果移譲】戦闘中、全能力値-5

自分の奥義以外のスキルによる「ダメージを○○%軽減」を無効(範囲奥義を除く)

敵から攻撃された戦闘で撃破された時、戦闘後、敵を行動可能な状態にする(この効果は「時は光」を含む、他の同系統効果より優先する、その際、他の同系統効果は発動していない扱いとする)

奥義:長盾(2)

ステ:41-42-47-30-24(184)

A:鬼神飛燕の炎撃

B:怒涛・キャンセル4

自分から攻撃した時、戦闘中、敵の速さ/守備-4、敵の絶対追撃を無効、かつ、自分の追撃不可を無効、敵の奥義発動カウント変動量-1(同系統効果複数時、最大値適用)、かつ敵が攻撃時に発動する奥義を装備している時、敵の最初の攻撃前に敵の奥義発動カウント+1(奥義発動カウントの最大値は超えない)

C:恐慌の幻煙4

 

ロディアの庶民派剣士の嫁入りは玉の輿か、はたまた。

騎馬になったぶんでそれを意識した性能になっています。面白いのは戦果移譲。付与された敵は割合軽減無効、その敵を攻めで撃破するともう一度行動可能という。また戦闘後に味方をワープさせてこれるので連携戦術が得意ですね。

スキルに関しては怒涛に新バージョンが登場。キャンセル4とは違い、見切り追撃や攻撃前遅延が付与されています。

奥義は自前では軽減奥義ですが、個人的には疾風迅雷や車懸が欲しい所。

 

[誓心の花嫁 エル]

出典:エンゲージ

CV:朴璐美

兵種:緑竜/歩行

武器:竜石のブーケ+

自分から攻撃した時、または周囲2マスに味方がいる時、戦闘中、全能力値+4、ダメージ+速さの15%(範囲奥義を除く)、最初に受けた攻撃と2回攻撃のダメージを○%軽減(○は、各ターンについて自分から攻撃した最初の戦闘と敵から攻撃された最初の戦闘の時は80、そうでない時は40)

補助:相互援助

A:攻撃速さの竜眼3

B:反撃の咆哮3

 

神竜なき世界の竜王女は、どんな希望を見出すのか。

竜の汎用武器ですね、これは。初撃軽減つきで、汎用性高そうですね。スキルは竜向けのやつの3。反撃の咆哮4はレギュラーのカムイや魔器のルミエルが持っていますし、高速竜がほしいやつですよね。

 

[祝福の双輪 シャロン](比翼英雄)

出典:ヒーローズ

CV:内田真礼(シャロン)/日高里菜(ヴェロニカ)

兵種:槍/騎馬

ステ:40-44-47-32-21(184)

武器:二国の花嫁のブーケ(専用)

奥義が発動しやすい

ターン開始時、自身のHPが25%以上なら、自分の攻撃/速さ+6、【移動+1】(重複しない)を付与(1ターン)

戦闘開始時、自身のHPが25%以上なら、戦闘中、全能力値が自分を中心とした縦3列と横3列にいる味方の数×3+5だけ増加(最大14)、敵の絶対追撃を無効、自分の追撃不可を無効、ダメージ+速さの20%(範囲奥義を除く)、かつ戦闘中、自分の攻撃でダメージを与えた時、HPが回復(回復値は、攻撃した側の移動前と移動後のマスの距離×3(最大12)  

奥義:車懸(3)

A:攻撃速さの突破

攻撃した側の移動後のマスが移動前と異なる時、戦闘中、攻撃/速さ+6、さらに、攻撃/速さ+○、かつ自分から攻撃していれば、戦闘中、受けるダメージ-○×3(範囲奥義を除く)、戦闘中、敵の奥義による攻撃の時、受けるダメージ-○×3(範囲奥義を除く)(○は、攻撃した側の移動前と移動後のマスの距離(最大4))

B:神速4

C:あなたのシャロン(専用)

【再移動(マス間の距離+1、最大4)】を発動可能

自分から攻撃した時、または、周囲3マスに味方がいる時、戦闘中、全能力値+4、攻撃を受けた時のダメージを40%軽減(範囲奥義を除く)、戦闘中、敵の奥義カウント変動量+を無効、自身の奥義カウント変動量-を無効

自分が行動済みで、周囲3マスで味方が戦闘した時、味方の戦闘後、自分を行動可能な状態にし、再移動を発動済みなら再発動可能にする(同じタイミングで自分を行動可能な状態にする他の効果が発動した場合、この効果も発動したものとする)(1ターンに1回のみ)

比翼スキル

自分を行動可能な状態にし、再移動を発動済みなら再発動可能にする(自分が行動済みで、周囲3マス以内にいる味方が現在のターン中に戦闘を行っている時のみ発動可能)

 

光と闇の王女は、手を取り合って未来を守る。ちょうどメインストーリー8部と関係した人選ですね。シャロンは約6年ぶりの登場。

スキルで見ると専用Cスキルが特徴ですかね。自分が行動後、近くで味方が戦闘するともう一度動け、さらに再移動したときはまた再移動可能に。比翼スキルは忍者のやつの派生。味方の戦闘条件が追加された代わりに再移動再発動が追加されています。あとは激突の新派生・突破ですね。被ダメージを軽減できるので近接版離撃みたいな運用が可能です。あとは神速追撃を発動する神速が再録。

 

戦禍の連戦の報酬として[繊細なる花婿 スタルーク](赤弓/歩行)が登場するとのこと。

 

[総括]

エレオスの面々以外は、エンブラ帝国でしたか。今回は再行動関係のスキルを持っているので、事故らせるのが得意といえそうです。エレオス組はそもそもエンゲージが指輪がキーアイテムなので指輪がキーアイテムとなるこの手のイベントは納得というか。

今回は攻めに特化した性能ですね。

では。

【#FEヒーローズ】新英雄(烈火の剣/エンゲージ)&魔器英雄「異形なる竜王 ルミエル」

[邪竜の後継者 ヴェイル]

出典:エンゲージ

CV:上田麗奈

兵種:無魔/歩行

ステ:40-47-16-32-47(182)

武器:邪竜の娘の力(専用)

奥義が発動しやすい

周囲2マス以内の味方は、戦闘中、攻撃を受けた時のダメージを30%軽減(範囲奥義除く)

自分から攻撃した時、または敵が射程2の時、戦闘中、敵の攻撃/魔防-6、さらに戦闘開始時の自分の魔防の20%だけ減少、攻撃を受けた時のダメージを30%軽減(範囲奥義除く)、自身の奥義発動カウント変動量+1、かつ、戦闘中、魔防が敵より10以上高い時、2回攻撃

奥義:氷蒼(3)

A:明鏡止水

攻撃/魔防+8 守備-8

自軍ターン開始時、および敵軍ターン開始時、自分にこのとき付与される攻撃/魔防の弱化、【パニック】を無効化

B:攻撃魔防の拍節4

C:邪竜の後継者(専用)

自分から攻撃した時、または周囲2マス以内に味方がいる時、戦闘中、敵の攻撃/魔防-5、かつ、魔防が敵より5以上高い時、かつ、敵が攻撃時発動の奥義装備時、敵の最初の「攻撃前」に敵の奥義カウント+1、敵が射程2であれば、さらに敵の最初の「追撃前」に敵の奥義カウント+1(いずれも奥義発動カウントの最大値は超えない)

周囲2マスの味方は、戦闘中、攻撃/守備/魔防+4

周囲2マスの味方は、戦闘開始時、スキル所持者の魔防が敵より5以上高い時、かつ、敵が攻撃時発動の奥義装備時、戦闘中敵の最初の「攻撃前」に敵の奥義カウント+1、敵が射程2であれば、さらに敵の最初の「追撃前」に敵の奥義カウント+1(いずれも奥義発動カウントの最大値は超えない)

 

邪竜の王女。元が温厚なため、セピアによって違う人格を植え付けられています。

神階で登場したやつとはステ傾向が違い速さを守備に回していますね。全体性能は近く、近くの味方を軽減し、自分は攻めか相手が間接だと軽減。さらに魔防相対条件で連撃、確実に仕留める構成。専用Cは味方と相互に相手奥義遅延が付与できます。

で、Aは止水4の派生。範囲奥義や謀策条件などに役立ちそう。

 

[闇に舞う蒼鴉 ウルスラ]

出典:烈火の剣

CV:水橋かおり

兵種:青魔/騎馬

ステ:40-43-47-17-27(174)

武器:魂なき鴉爪の書(専用)

奥義が発動しやすい

ターン開始時、自身のHPが25%以上の時、奥義カウント-1、かつ、ターン開始時、自身のHPが100%であれば、さらに奥義カウント-1

ターン開始時、自身のHPが25%以上の時、自分と周囲2マス以内の味方の攻撃/速さ+6、【攻め立て】を付与

戦闘開始時、自身のHPが25%以上の時、戦闘中、攻撃/速さ+6、さらに戦闘開始時の速さの20%だけ増加、ダメージ+速さの20%、自分の追撃不可を無効、かつ、戦闘開始時、自身のHPが100%であれば、戦闘中、自身の奥義カウント変動量-を無効

奥義:烈雷(4)

A:限界死線

攻撃/速さ+8 守備/魔防-8

自軍ターン開始時、および敵軍ターン開始時、自分にこのとき付与される攻撃/速さの弱化、【パニック】を無効化

B:速さ魔防の遠影4

C:守備魔防の紫煙3

 

討たれた後、ネルガルによってモルフとされた異形の暗殺者。レギュラーには初登場ですね。

満タン条件でさらに強くなる、という感じで、奥義カウントを一気に進めて範囲奥義で仕留めるという感じか。さらに死線の派生と思われる新スキルも。範囲奥義なので持ってきた感じか。速魔遠影4と守魔紫煙3はレギュラー初登場。

 

[理想郷を捨てし者 ネルガル]

出典:烈火の剣

CV:西垣俊作

兵種:緑魔/歩行

ステ:40-45-16-39-43(183)

武器:エレシュキガル(専用)

奥義が発動しやすい

ターン開始時、自身のHPが25%以上の時、自分と周囲2マスの味方の攻撃+6、【エーギル奪取】を付与

戦闘開始時、自身のHPが25%以上の時、戦闘中、敵の攻撃/魔防-6、さらに戦闘開始時の自分の魔防の20%だけ減少

戦闘開始時、自身のHPが25%以上の時、与えるダメージ+自身の【有利な状態】の数×5(最大25、範囲奥義を除く、強化は除く)、受けるダメージ-自身の【有利な状態】の数×3(最大15、範囲奥義を除く、強化は除く)、かつ、攻撃時発動の奥義装備時、戦闘中、自分の最初の攻撃前に奥義カウント-自身の【有利な状態】の数(最大3、強化は除く)

【エーギル奪取】

戦闘中に攻撃していれば、戦闘後に自分と【エーギル奪取】が付与されている味方に、戦闘相手とその周囲2マスの敵が受けている【有利な状態】を付与(1ターン)し、戦闘相手とその周囲2マスの敵の【有利な状態】を解除(付与、解除ともに、同じタイミングに付与された有利な状態は含まない)

戦闘で敵を撃破していれば、戦闘後、自分と【エーギル奪取】が付与されている味方はHP10回復

奥義:氷華(4)

A:近反・強化増幅

B:奥義の螺旋4

C:守備魔防の信義4

ターン開始時、周囲2マスに味方がいれば、守備/魔防+6、【周囲2マスの味方の隣接マスに移動可能】を付与

周囲2マスに味方がいる時、戦闘中、守備/魔防+3

 

大賢者アトスとも腐れ縁の堕ちた賢者。黒い牙の裏でモルフを動かし暗躍していました。

特徴としては、自分と近くの味方に【エーギル奪取】を付与し、殴って相手の【有利な状態】を奪い、自分は有利な状態が多いほど強くなるという。で初収録の守魔信義とあわせて強化増幅し、ブーストして軽減貫通奥義で仕留める、といったところか。高耐久かつ回復可能で近接も牽制できるので多少出しゃばっても大丈夫。バフを活用し、味方と連携して戦うのが得意と言えます。

 

[異形なる竜王 ルミエル](魔器英雄)

出典:エンゲージ

CV:三石琴乃

兵種:赤竜/歩行

ステ:36-41-45-26-45(193)

武器:魔器・歪神竜の竜石(魔器)

奥義が発動しやすい

戦闘開始時、自身のHPが25%以上の時、戦闘中、全能力値が、戦闘開始時の敵の攻撃の25%-4だけ増加(最大14、最低5)、最初に受けた攻撃と2回攻撃のダメージを40%軽減、自身の奥義カウント変動量+1、かつ、速さが敵より1以上高い時、敵の絶対追撃を無効、かつ、自分の追撃不可を無効

奥義:氷蒼(3)

A:速さ魔防の竜眼4

敵から攻撃された時、または戦闘開始時、敵のHPが75%以上の時、戦闘中、速さ/魔防+7、かつ、敵が攻撃時発動の奥義装備時、かつ、戦闘中、魔防が敵より5以上高い時、敵の最初の攻撃前に敵の奥義発動カウント+1

B:反撃の咆哮4

C:異形なる竜王(専用)

行動後(再移動が発動した時は再移動後)、自分を中心とした縦5×横5マスに【天脈・護】を付与

自分を中心とした縦5×横5マスにいる味方は、戦闘中、全能力値+4、自身の奥義発動カウント変動量-を無効

自分を中心とした縦5×横5マスに味方がいる時、戦闘中、全能力値+4、自身の奥義カウント変動量-を無効、かつ、奥義発動時、奥義以外のスキルによる敵の「ダメージを○%軽減」を無効(範囲奥義除く)

 

死後、邪竜によって異形兵とされた異形の神竜王。リュールに対し異常な執着心を抱いています。

高速向け竜魔器を持ってきましたね。で能力値は速さ魔防型、速魔竜眼を持ってきています。で特徴的なのが専用C。神階のやつと似た感じで天脈を付与しつつ、相互に奥義減速無効の恩恵をもたらします。あと反撃の咆哮を再録。

 

大英雄戦は[復讐の白狼 ロイド](剣/歩行)が登場。こちらも死後モルフ化した異形のロイドのようです。

 

[総括]

今回は"邪智の紋章士"ネルガルとその手先のモルフ、そして邪竜王の手先の者たちでした。死線・止水といった局所的な需要のあるスキルの派生が出てきたほか、奥義ブーストも複数。味方との連携で戦う者が多く、闇系としては今までの傾向とは違うようにも感じました。

で、ストーリー更新。相手を牽制する目的もかねていよいよ和平調印式典の決行し、その護衛にあたることに。相手の出方がわからないだけに、慎重になっている印象ですが。

では。

【#FEヒーローズ】神階英雄「戯神 ロキ」

すでに告知がありましたが、あのロキが、神としての真の姿で登場します。

 

[戯神 ロキ](神階英雄)

出典:ヒーローズ

CV:新井里美

兵種:杖/飛行

祝福:闇/攻撃

ステ:39-47-30-16-47(179)

武器:神杖セック(専用)

【再移動(1)】を発動可能 奥義が発動しやすい 杖は他の武器と同様のダメージ計算になる

ターン開始時、自身のHPが25%以上の時、奥義カウント-1

戦闘開始時、自身のHPが25%以上の時、戦闘中、攻撃/魔防+6、さらに戦闘開始時の自分の魔防の20%だけ増加、絶対追撃、ダメージ+魔防の20%(範囲奥義除く)

補助:リターン+

奥義:輝映の聖光(3)

A:攻撃魔防の機先4

B:幻惑・不和の烙印

ターン開始時、周囲5マス以内にいる最も近い敵と、その周囲2マス以内にいる敵それぞれについて、魔防が自分より1以上低い時、【不和】を付与

戦闘中、敵の速さ/魔防-4、敵は反撃不可

C:神杖天空を偽る(専用)

自軍ターン開始時、および敵軍ターン開始時、十字方向にいる、魔防が「自分の魔防+5」より低い敵に【グラビティ】を付与

自軍ターン開始時、および敵軍ターン開始時、自分を中心とした縦3列と横3列にいる、魔防が「自分の魔防+5」より低い敵に【謀策】【弱点露呈】を付与

自軍ターン、および敵軍ターンの開始時スキル発動後、自分を中心とした縦3列と横3列にいる、強化を除いた【有利な状態】が3以上の敵の【有利な状態】を解除(同じタイミングで付与される【有利な状態】は解除されない)

敵が【不利な状態異常】を受けている時、戦闘中、攻撃/魔防+5

 

様々な異界で暗躍するロキですが、その正体は天井の神の1柱にして、享楽を司る神。人を惑わす者が、真の姿で登場です。兵種は飛行に。

ポイントはCスキル。相方のトールと対になる名称で、こちらはバフを剥がして備え対策しつつ、魔防相対条件でバステをばらまきます。Bスキルの眩惑・不和の烙印でも不和を、奥義で反撃不可を撒き、バステで相手を攪乱する動きが得意。武器は戦闘性能特化で再移動付き。ただどちらかといえばサポート性能に長けています。

 

[抱き合わせ]

赤:ナンナ(地)/ユーリス(風)/セレナ

青:ネルトゥス(光)/ヴェイル(天)/ラインハルト(魔)

緑:オッテル(理)/エイトリ(火)/トール(天)

無:ギネヴィア(水)/ギンヌンガガプ(魔)/ロキ(闇)

緑はロキの相方トールもいますがいずれも5部後半の伝承神階で、この枠では今回が最後になりそうです。ロキのいる無属性ではギンヌンガガプもいるので狙い目ですね。

【#FEヒーローズ】新英雄(if)&響心英雄「響く絆のうた アクア」

[悲劇にさす光明 モズメ]

出典:if

CV:木村珠莉

兵種:槍/歩行

ステ:40-44-46-41-27(198)

武器:農地の主の薙刀(専用)

奥義が発動しやすい

ターン開始時、自分のHPが25%以上なら、自分と周囲3マスの味方の守備/魔防+6、【戦闘中、奥義カウント変動量+1】を付与

戦闘開始時、自分のHPが25%以上なら戦闘中、全能力値+5、さらに全能力値が〇だけ増加、最初に受けた攻撃と2回攻撃のダメージ-〇、かつ戦闘中、自分の攻撃でダメージを与えた時、自分のHP〇回復(〇は、周囲3マスにいる味方の数×3+1、自分の周囲2マスに以下のいずれかのマスがあるときは10として扱う。A:天脈が付与されたマス、B:いずれかの移動タイプが侵入可能で、平地のように移動できない地形のマス)

奥義:緋炎(3)

A:強化増幅4

B:攻撃速さの防壁4

射程1の敵は、自分の周囲1マスを通過できない

射程2の敵は、自分の周囲2マスを通過できない

戦闘中、敵の攻撃/速さ-4、最初に受けた攻撃と2回攻撃のダメージを40%軽減、戦闘後、自分のHP7回復

C:攻撃速さの信義4

 

魔物に滅ぼされた田舎村の生き残り。

味方が多いか特定の地形/天脈があると能力値上昇・初撃軽減・リジェネ効果が大きくなり、地形を生かした戦いが得意。武器とCで全能力値をバフして強化増幅するので数字で攻めるタイプ。防壁も軽減+リジェネなので、2撃目以降の軽減をケアすればしぶとく戦えます。

 

[白夜王国の軍師 ユキムラ]

出典:if

CV:清水秀光

兵種:無暗器/騎馬

ステ:40-46-16-33-45(180)

武器:軍略伝授の刃(専用)

奥義が発動しやすい 【暗器(7)】効果

自分を中心とした縦7×横7マスにいる味方は戦闘中、攻撃/守備/魔防+7、敵の奥義以外のスキルによる「ダメージを〇%軽減」を30%無効

戦闘開始時、自分のHPが25%以上なら戦闘中、敵の攻撃/守備が減少(減少値は自分を中心とした縦7×横7マスにいる味方の数×3+6)、敵の奥義以外のスキルによる「ダメージを〇%軽減」を半分無効、自分の奥義カウント変動量+1

奥義:氷蒼(3)

A:生命の業火静水3

B:攻撃守備の混乱3

ターン開始時、敵同士が隣接していて、かつ魔防が自分より1以上低い敵の攻撃/守備-6

戦闘開始時、魔防が敵より1以上高いとき、戦闘中、敵の攻撃/守備-3、さらに敵の攻撃/守備が減少(減少値は敵と周囲2マスにいる敵のうち弱化が最も高い値)

 

白夜王国の軍師。マクベスとは好対照をなす生真面目な仕事人。

サポート寄りの性能で、自分を中心とした範囲の味方をサポートしたり、混乱で弱化させて戦います。低速ながら絶対追撃がないので火力に対して決定力は不足。ここを補うと強い気がしますね。

 

[烈風城の呪い師 ツクヨミ]

出典:if

CV:VALSHE

兵種:赤魔/歩行

ステ:39-43-45-24-31(182)

武器:ラウアランタン+

ターン開始時、周囲2マスに味方がいる時、自分に【自分が移動可能な地形を平地のように移動可能】【戦闘中、奥義カウント変動量+1】を付与

自分から攻撃したとき、または周囲2マスに味方がいる時、戦闘中、攻撃/魔防+5

奥義:月虹(2)

A:攻撃速さの万全3

B:風薙ぎ3

 

風の部族の魔道士。

武器は以前の超英雄でセネリオが持ってたやつか。風薙ぎは上位スキルの登場が待たれるところです。

 

[響く絆のうた アクア](響心英雄)

出典:if

CV:Lynn

兵種:斧/騎馬

ステ:38-45-46-18-28(175)

武器:三つの道歌う法具(専用)

速さ+3 【再移動(マス間の距離、最大4)】を発動可能

ターン開始時、周囲2マスに味方がいる時、自分と周囲2マスの味方の攻撃/速さ+6、【見切り・追撃効果】【見切り・パニック】を付与

周囲3マスに味方がいる時、戦闘中、全能力値+5

補助:つたうみなすじ(専用)

このスキルは「歌う/踊る/奏でる」として扱われる

対象を行動可能な状態にし、対象に【移動+1】、対象とその周囲2マスの味方(自分を除く)に【奮激】を付与

A:生命の業火疾風3

B:攻撃守備の魅了3

「歌う/踊る/奏でる」使用時、自分と対象の十字方向にいる敵の攻撃/守備-7、【混乱】を付与

C:攻撃の十字紋章

X:響・救援の行路

HPが50%以下の味方の隣接マスに移動可能

 

決めた道を歩むカムイの力になることを決意したアクアがカムイ風の装束で登場。

再行動を起点とした補助特化というアクアらしいっちゃらしい性能。対象の移動+1、その近くの味方に奮激を付与しつつ、敵を弱化させて自分は再移動。さらに響心スキルは救援の行路なので、再行動が欲しいスキルを多く持っています。救援によるワープだと最大4マス再移動できます。

 

大英雄戦は[神出鬼没の探検家 ドラジェ]が登場。薬草を巡ってミドリコともめていた人か。オロチまたはゼロが捕獲可能な敵将ですね。

 

[総括]

今回は白夜王国親世代からで、目新しい性能はいなかったものの、補助性能の高い英雄が複数登場。

 

ストーリーも更新。ヴェロニカがニーズヘッグに襲われ、一行はニーズヘッグを撃退。ヴェロニカが毒に侵される中で和平調印を決行することを決意。そんな中、敵側はどんな動きを見せるのでしょうか。ラタトスクを信じたいフレスベルグ、本心の読めないニーズヘッグ…レーラズの思惑は…

 

では。

【#FEヒーローズ】超英雄「不思議な出会い」(こどもの日/覚醒)

毎年単一出典からメインキャラクターとその周囲の者たちが登場する子供の日超英雄は、今年は覚醒のイーリス聖王国から。

 

[約束の器 ルフレ]

出典:覚醒

CV:沢城みゆき

兵種:赤魔/歩行

ステ:40-44-45-36-16(181)

武器:戦神の魔書(専用)

速さ+3

自分から攻撃した時、または周囲2マスに味方がいる時、戦闘開始後、敵に7ダメージ(攻撃可能な時のみ発動)、戦闘中、全能力値が16-敵の奥義発動カウントの最大値×2だけ増加(最低8)、最初に受けた攻撃と2回攻撃のダメージを30%軽減、自身の奥義カウント変動量-を無効、かつ、自身の奥義カウント最大値が3以上の攻撃時発動の奥義発動時、奥義以外のスキルによる「ダメージを○%軽減」を無効(範囲奥義除く)

自分から攻撃した時、戦闘後、敵のマスと自分から見た敵のマスの左右それぞれ2マスに【天脈・炎】を付与

奥義:華炎(4)

A:鬼神飛燕の柔撃

B:奥の手・魔道4

自分から攻撃した時、または敵が射程2の時、戦闘中、敵の速さ/魔防-4、かつ、攻撃時発動の奥義装備時、または敵から攻撃を受ける際に発動する奥義装備時、戦闘中、ダメージ+(自分の奥義カウントの最大値-2)×4(最大12、最低0、範囲奥義除く)、受けた範囲奥義のダメージと、戦闘中に攻撃を受けた時のダメージを(自分の奥義発動カウントの最大値-1)×10%軽減(最大40%)

C:戦局を変える!(専用)

 

後に聖王クロムの相棒となる者。卓越した戦術眼を持つ彼の幼少期とは?

全体としては昨年登場した総選挙版を間接化した感じなのかな。奥の手・魔道は魔法専用ですかね。専用Cは同じなので似た感覚での使用も可能ですね。

武器では重い奥義は軽減無効となり、さらに歩行ではAで装備できない炎撃効果も。軍師らしいっちゃらしい…奥義の重さは柔撃でカバー。

 

[心優しき聖女王 エメリナ]

出典:覚醒

CV:岡村明美

兵種:杖/歩行

ステ:40-47-25-23-47(182)

武器:戦神の聖杖

敵は反撃不可 奥義が発動しやすい

自身のHPが60%以下の時、または現在のターン中に自分が「戦闘を行っているか、補助スキルを使用している」時、味方は、自身の周囲2マスに移動可能

周囲3マス以内の味方は、戦闘中、全能力値+4、戦闘後、HP7回復

周囲3マス以内に味方がいる時、戦闘中、攻撃/魔防+6、絶対追撃、ダメージ+魔防の20%(範囲奥義除く)

補助:マジックシールド+

このスキルは「応援」として扱われる

対象を攻撃の50%回復(最低8)し、対象の攻撃/魔防+6、「弱化を無効」を付与、2ターン目以降なら、その後、自分を行動可能にし、自分とダブル相手に【グラビティ】を付与(「その後」以降の効果は、その効果が発動後、2ターンの間発動しない)

奥義:抑制の聖光(2)

B:神罰・因果応報

C:攻撃魔防の信義4

 

イーリス3きょうだいの長姉。

原作おなじみの白魔法マジックシールドがきましたね。杖のイメージを刷新する形で回復は他のスキルに任せる感じか。2ターンに1回再行動も可能と面白い性能。

で、自分が消耗しているか補助か戦闘していれば味方が飛んでこれるという。ワープで連携戦術をとれますね。

他のスキルは目新しいものはありませんが抑制の聖光が再録されています。

 

[ぴかぴか妹王女 リズ]

出典:覚醒

CV:阿澄佳奈

兵種:斧/歩行

ステ:40-47-17-47-42(193)

武器:戦神の戦斧(専用)

奥義が発動しやすい

周囲3マスに味方がいる時、戦闘中、攻撃/守備/魔防が、戦闘開始時の敵の攻撃の25%-4だけ増加(最大14、最低5)、敵の奥義カウント変動量+を無効、自身の奥義カウント変動量-を無効、自分の【回復不可】を50%無効、敵から受けた追撃のダメージを80%軽減、かつ、戦闘中、攻撃時発動の奥義発動時、自身のHPが70%以上なら、ダメージ+○、70%未満なら、自分のHP○回復。○は、守備の(10+奥義カウントの最大値×10)%(範囲奥義除く)

奥義:緋炎(3)

A:守備魔防の秘奥3

C:始まりの鼓動3

 

3きょうだいの妹は幼き頃から姉のような淑女を目指していますが…

斧持ちでの参戦で、武器は効果的に遅くて固いかな。武器には拍節に追撃軽減や、陽光みたいな効果がついてます。

で、守備魔防の秘奥4は直近で登場中の紋章士アイクが持ってますね、始まりの鼓動は鍛錬の鼓動の再録に期待。

 

[可能性の器 ルフレ]

出典:覚醒

CV:沢城みゆき(ルフレ)/恒松あゆみ(クロム)

兵種:青魔/歩行

ステ:40-45-46-30-22(183)

武器:邪痕と聖痕の竜血(専用)

奥義が発動しやすい

応援、移動系補助を使用した時、または自分に使用された時、自身の奥義発動カウント-1、移動後の自分を中心とした縦3列と横3列の敵に【七色の囁き】を付与(敵の次回行動終了時まで)

応援、移動系補助を使用した時、または、行動済みの自分に使用された時、自分を行動可能にする(1ターンに1回のみ)

自分から攻撃した時、または周囲2マスに味方がいる時、戦闘中、全能力値が16-敵の奥義カウントの最大値×2だけ増加(最低8)、最初に受けた攻撃と2回攻撃のダメージを30%軽減、自身の奥義発動カウント変動量-を無効

【七色の囁き】

戦闘中、全能力値-5、さらに、自分が攻撃時発動の奥義装備時、戦闘中、自分の最初の攻撃前に自分の奥義カウント+1

さらに、自分の奥義カウントの最大値が本来より減少している時(奥義が発動しやすい時)、かつ、敵が攻撃時発動の奥義装備時、戦闘中、自分の最初の攻撃前に、敵の奥義発動カウント-1

奥義:陽光(3)

A:邪竜の暗鱗(専用)

戦闘開始時、自身のHPが25%以上の時、戦闘中、全能力値+8、敵の強化を無効、与えるダメージ+攻撃の15%(範囲奥義除く)、かつ、奥義発動時、奥義以外のスキルによる敵の「ダメージを○%軽減」を無効(範囲奥義除く)

戦闘開始時、自身のHPが25%以上の時、戦闘後、HP7回復

B:攻撃速さの連携4

移動系補助を使用した時、または自分に使用された時、自分と相手の攻撃/速さ+6、【再移動(1)】を付与

戦闘中、敵の速さ-4/守備/魔防-2、与えるダメージ+○。○は、自分と【再移動(1)】が付与されている味方のうち、攻撃、速さの強化の合計値が最も高い値(範囲奥義除く)

C:歩行の見切り追撃4

比翼スキル

自分と、自分を中心とした縦7×横7マスにいる味方に【七色の叫び】【デュアルアタック】を付与

 

今回はクロムは後衛に回り、後に相棒となる者ルフレが登場。

彼女もなかなかテクニカルな性能で応援か移動系補助をトリガーに相手に【七色の囁き】をかけつつ自分は再行動。専用Aで奥義を軽減無効にして攻め込みます。

で、連携4が初登場、お互いに再移動付与です。あとは歩行の見切り追撃4が再録。

比翼スキルは広範囲にバフ2種類なので、備えとも相性抜群ですね。

 

[生い立つ忠節の志 フレデリク]

出典:覚醒

CV:小野大輔

兵種:斧/騎馬

ステ:41-46-28-46-23(184)

武器:戦神の護斧(専用)

守備+3

ターン開始時、周囲2マスに味方がいる時、自分の攻撃/守備+6、【強化増幅】【敵は追撃不可】を付与

自軍内に自分と支援を結んでいる味方がいる時、ターン開始時、周囲2マスの支援相手の攻撃/守備+6、【強化増幅】【敵は追撃不可】を付与

自軍内に自分と支援を結んでいる味方がいないとき、ターン開始時、周囲2マスの最も守備が高い味方の攻撃/守備+6、【強化増幅】【敵は追撃不可】を付与

自分から攻撃したとき、または周囲2マスに味方がいる時、戦闘中、全能力値+5、絶対追撃、ダメージ+守備の20%、攻撃を受けた時のダメージを30%軽減

奥義:緋炎(3)

A:攻撃守備の激突3

C:近距離警戒3

 

今回の配布は久々登場の彼。

自分と味方1人にバフ2つをかけて、守りを固めます。攻守激突4は魔器英雄が持っていますね。

 

[総括]

エメリナ以外は初期メンバーということで、おなじみの面々といったところ。ルフレは戦略的・技巧的なスキルなのは変わらずですね。

【#FEヒーローズ】紋章士英雄「蒼炎の紋章士 アイク」

[蒼炎の紋章士 アイク](紋章士英雄)

出典:暁の女神/エンゲージ

CV:萩道彦

兵種:剣/歩行

ステ:41-47-18-45-42(193)

武器:蒼炎の勇者の剣(専用)

奥義が発動しやすい

敵から攻撃された時、距離に関係なく反撃する

戦闘開始時、自身のHPが25%以上の時、戦闘中、攻撃+○、敵の攻撃-○。○は、戦闘開始時の敵の攻撃の25%-2(最大16、最低6)、自身の弱化を無効、自分が受けている反撃不可を無効、自身の奥義発動カウント変動量-を無効

奥義:覇克・天空(4)

攻撃の(40+敵がこの戦闘で攻撃した回数×10)%を奥義ダメージに加算

自分から攻撃した時、敵は先制攻撃

敵が追撃可能なら、敵の攻撃直後に敵が追撃を行う

戦闘中、攻撃を受けた時のダメージを(40-現在の奥義発動カウント×10)%軽減、ただし、連続して攻撃を受けた時のダメージは(70-現在の奥義発動カウント×10)%軽減

戦闘で奥義を発動した場合、戦闘後、自身を中心とした縦3列と横3列にいる敵に5ダメージ、奥義発動カウント+1、自分はHPが回復

回復値は、自身を中心とした縦3列と横3列にいる敵の数×5+10(上限:自身の最大HPの50%)

A:守備魔防の秘奥4

B:不動4

戦闘中、敵の攻撃-5

自身の奥義発動カウント最大値が3以上の、攻撃時発動の奥義装備時、または敵から攻撃を受ける際に発動する奥義装備時、戦闘中、奥義以外のスキルによる自分の「ダメージを○%軽減」を半分無効、受けるダメージ-守備か魔防の高い方の20%、敵の最初の攻撃前に、自分の奥義発動カウント-2

戦闘中、自身の奥義発動カウント最大値が3以上の、攻撃時発動の奥義発動時、ダメージ+守備か魔防の高い方の20%(範囲奥義除く)、奥義以外のスキルによる敵の「ダメージを○%軽減」を無効

戦闘中、敵から攻撃を受ける際に発動する奥義発動時、自分の次の攻撃は、ダメージ+守備か魔防の高い方の20%(範囲奥義除く)、奥義以外のスキルによる敵の「ダメージを○%軽減」を無効

C:再移動制限3

紋章士効果

「自分または敵が奥義発動可能状態の時」、「この戦闘で自分または敵が奥義を発動済みの時」の2条件のいずれかを満たした時、かつ、敵が射程2の時、戦闘中、最初に受けた攻撃のダメージを40%軽減

 

「勇闘え、蒼炎の紋章士」…!ということで"蒼炎の勇者"アイクが紋章士として登場。

エンゲージの性能を参考にしているので、久々に速さ低め。敵に先に攻撃させて耐え、奥義で返り討ちするというね。あとは自分の軽減を半分無効にしてしまう代わりに別のダメージ軽減をつけ、自分の奥義は軽減貫通で通します。

あとはタンクに欲しい再移動制限を持ってきていますが、そろそろ4が欲しい所。

 

[抱き合わせ]

赤:エンブラ/エリンシア/アイク

青:ベレス/マイセン/イサドラ

緑:セイズ/カミラ/ニノ

無:ラルヴァ/サフィ/ティナ

カミラが初再録で、ニノも抱き合わせられているので狙い目かな。